水源によって味が変わる?ミネラルウォーター - ミネラルウォーターの歴史

ミネラルウォーターの歴史 > 水源によって味が変わる?

水源によって味が変わる?ミネラルウォーター

今や世界中で人気がある飲み物と言われている「ミネラルウォーター」。
あなたは、どんなミネラルウォーターが好きですか?
日本で飲まれているミネラルウォーターは、もともと海外から輸入されたものが主流でした。
今は日本で採水したミネラルウォーターも多く販売されており、その味の違いを楽しんでいる人も少なくありません。
その味の違いは、一体どこから来るものなのでしょうか?
実は、ミネラルウォーターの味というのは採水する水源によって変わると言われているのです。
そこでここでは、ミネラルウォーターの水源とその味の違いについてお話していきます。

もともと主流で販売されていたヨーロッパ産のミネラルウォーターは「硬水」という水質のため、少し味にくせがあります。
硬水というのは、水の硬度が高い水のことです。
では「硬度」とは一体何のことなのでしょうか。
硬度とは、ミネラルウォーターに含まれるナトリウムやカルシウムなどのミネラル成分の合計含有量を表す言葉です。
含有量が多ければ「硬水」、そして含有量が少なければ「軟水」と呼ばれます。
つまり、ヨーロッパ産のミネラルウォーターは採水地の土壌にミネラル成分を多く含んでいることが影響しており、硬水のものが多いのです。

一方、日本やアメリカの水源で採水されたミネラルウォーターは軟水が多いと言われています。
特に日本が水源のミネラルウォーターは、採水地が主に山間部です。
山間部の水は、地下水や湧水でも元は山の雪解け水だったものが多いと考えられており、土壌の影響をあまり受けないので軟水のものが多いのです。
ですから、日本製のミネラルウォーターは私たちにとって口当たりが良く飲みやすいものが多いと言われています。

このように、ミネラルウォーターと言っても水源によって水質や味に大きな違いがあるのです。
硬水・軟水といった違いはあっても、ミネラル成分を豊富に含んだ身体に優しい水がミネラルウォーターだということに変わりはありません。
あなたもぜひ、こちらの記事を参考にしていただき、自分好みのミネラルウォーターを探してみてはいかがでしょうか?