海外のミネラルウォーター事情 - ミネラルウォーターの歴史

ミネラルウォーターの歴史 > 海外のミネラルウォーター事情

海外のミネラルウォーター事情

近年、多くの人の間に広がっている水への関心。
そんな中で人気を集めているのが「ミネラルウォーター」です。
私たちの生活の中には、蛇口をひねればいつでも飲める水道水というものがあります。
しかし、水道水には殺菌や消毒のために塩素が入れられています。
ですから、塩素が人体に有害な物質であることを知っている人や、水道水が「おいしくない」と感じている人々の間では水道水を飲用水として使わないのです。

そんな中、1990年代頃から日本に輸入されるようになったのが海外のミネラルウォーターです。
海外から輸入されているミネラルウォーターは、当時の若者の間で「オシャレ」だと言われ流行しました。
現在でも、海外のミネラルウォーターは日本でたくさん販売されています。
では、日本のミネラルウォーターと海外のミネラルウォーターにはどのような事情があるのでしょうか?
ここでは、そんな海外のミネラルウォーター事情をお伝えしていきます。

そもそも海外の湧水や地下水は、その土壌の影響もあってミネラル成分が大変豊富だと言われています。
そんなミネラル成分の合計含有量を表しているのが「硬度」というものです。
ミネラル成分が多く含まれているものを「硬水」、そして少ないものを「軟水」と言いますが、海外のミネラルウォーターは硬水が多いようです。
一方で日本のミネラルウォーターは軟水が多いので、私たち日本人の口には海外のミネラルウォーターが飲みにくいと感じることもあります。
そのような事情の中でも、日本で好まれる海外のミネラルウォーターは日本と同じような環境の国で作られた軟水のものが多いと言われています。
ヨーロッパの水は硬水が多いので、アメリカなどの水が好んで飲まれる傾向にあります。

最近では、ダイエットのためにミネラルウォーターを飲む人も増えていますが、そうした人には軟水よりも硬水の方が向いています。
ダイエットを考えている人は、ミネラル成分が豊富な海外のミネラルウォーターがオススメです。
あなたもぜひ、こうしたことを参考に海外のミネラルウォーターも試してみてくださいね。