ミネラルウォーターってどんな意味? - ミネラルウォーターの歴史

ミネラルウォーターの歴史 > ミネラルウォーターの意味

ミネラルウォーターってどんな意味?

私たちの身体は60%以上が水分、つまり「水」で構成されています。
ですから、水がないと生きていくことができない生き物です。
そのくらい「水」というのは私たちの生活に欠かすことのできないものだということは多くの人が知っていることだと思います。

また、日本には安全に飲める水道水がどこに行っても供給されています。
そんな国で暮らす私たちは、いつでも手軽に水を飲むことができる大変恵まれた環境にいます。
しかし今、多くの人が水道水は「おいしくない」と言って飲用水として使うことを嫌っています。
水道水には、殺菌や消毒のためにカルキが使用されており、その独特の臭みや塩素の有害性を気にする人々の間から水道水を飲用水として使用しない傾向は広まっています。
そこで多くの人が飲用水として購入しているのが「ミネラルウォーター」です。

ミネラルウォーターは、欧米や日本国内の名水や湧水を採水してペットボトルに入れて販売されている水のことです。
ペットボトルに入っていることと、水道水のように薬品が使われていない安心感から若い人々を中心に人気が集まり、今では老若男女を問わず多くの人がこの水を買って飲んでいます。
しかし、ミネラルウォーターとは別にペットボトル入りの水の名前という訳ではないのです。
では一体「ミネラルウォーター」とはどのような意味の水なのでしょうか?
ここでは、そんなミネラルウォーターの意味についてお伝えしていきます。

そもそも、ミネラルウォーターとは先程述べたようにペットボトルの水の総称という訳ではありません。
ミネラルウォーターは、地下水や湧水などの自然にある水の総称です。
また、ミネラルウォーターを「ミネラル成分が多い水」の名前だと思っている人も多いようですが、実はこれも100%正解という訳ではありません。
ミネラルウォーターの定義は、ミネラル分を調整するために複数の水をブレンドしたり、加熱以外の化学的な処理を行なわない水と言われています。
つまり、ミネラルウォーターは自然から採水して化学的な処理をできるだけ行わない水の総称だと言えるのです。